家督相続があったケース/松原市

状況

相談者(長男)の父親が亡くなり、不動産の名義変更をしようとして、法務局に相談に行きながら、言われたとおり父親の戸籍を出生から亡くなるまで集めました。ただ、登記簿を見ると、名義が祖父のままだったので、複雑になりそうだったので、相談に来られました。

 

  • 司法書士の提案&お手伝い

    • 通常は、祖父の相続人を確定させるために、祖父の出生からの戸籍を集めないといけません。相続人が数十人となってしまうことも珍しくありません。
    • ただ、今回はちょっと事情が違っており、父上は祖父から「家督相続」をしていたのです。家督相続は、家の財産全てを一人の相続人(殆どの場合、長男でした)が単独で相続することになります。

 

  • 結果

    • 父上が、家督相続していたということが、戸籍から判明したので、多数の相続人に協力をお願いする必要もなくなり、スムーズに相続手続きを終えることができました。

 

相続・遺言の無料相談受付中! 無料休日相談会開催中! 0120-233-336 何度でもわかるまで無料でご説明します! 詳細はこちら