遺産分割

養子縁組をしていなかったケース/藤井寺市

状況 相談者は、10歳の頃両親が離婚して、父親と暮らしていました。 父親が再婚して、新しい母親がやってきました。それから40年余り家族として暮らしてきましたが、まず父親が亡くなりましたが、その相続手続きをしないまま、連れ立つように母親も亡くなりました。 相談者は、再婚した母親と養子縁組をしていませんでした。 司法書士の提案&お手伝い 自宅不動産の名義は父親でしたので、父親の相続人は亡くな
続きを読む >>

調査の結果、異母兄弟がいることが判明したケース/松原市

状況 相談者は、父親の相続手続きを依頼に来られた娘さんです。 母親は随分前に亡くなっており、相続人は自分一人で間違いないが、相続財産も自宅の不動産だけなので、特に問題はないだろうとのことでした。 司法書士の提案&お手伝い 父親の戸籍を遡って調査したところ、父親には母親と結婚する以前に結婚歴があり、その時の子供が2人いることが判明しました。つまり異母兄弟です。 その方も法定相続人にあたるの
続きを読む >>

突然の相続で何もわからず相談に来られたケース/松原市

状況 最近お父様を急病で亡くされた娘さんからの相談です。お父様はまだ50代前半でしたので、相続の準備は何もできていませんでした。相続人は、お母様と3人姉妹で、相談者は長女でしたが、妹二人もまだ成人したばかり、お母様は憔悴しきっており、仕方なく長女として相続手続きをしないといけない立場でした。相続財産としては、自宅のマンションと預貯金はある程度分かりましたが、お父様は株
続きを読む >>

相続人も気づかなかった不動産が見つかったケース/松原市

状況 父親を亡くした長男の方が相談にみえました。相続人は、母親と長男本人の二人だけでした。長男の方が法務局や市役所に聞きながらいろいろ調べて、自分で戸籍を集め、遺産分割協議書も自分で作ったので登記手続きだけお願いしたいと相談に来られました。   司法書士の提案&お手伝い 持ってこられた戸籍謄本等を確認しましたが、確かに相続人は、
続きを読む >>

相続財産である預貯金の詳細が分からないケース/松原市

状況 父親が亡くなり、業者に依頼して遺品を整理する際に、書類の中に紛れ込んでいた銀行の通帳やカード類を誤って処分してしまったらしいとのことでした。他に銀行等の資料が無いので、どのように預貯金を調べれば良いのかと相談に来られました。     司法書士の提案&お手伝い
続きを読む >>

遺言書があったが、それと異なる遺産分割協議が成立したケース/松原市

状況 相談者(長男)の父親が亡くなり、相談者と弟、妹(長女)の3名が相続人だった。 「遺産は全て長女に相続させる」という内容の遺言書が出てきたが、長男としては、全ての財産を妹が相続するというのはとても受け入れられないことだし、妹である長女も、自分一人で全てを相続するのは無理だと考えていた。    
続きを読む >>

相続財産が亡父名義の自宅土地建物のみだったが、円満に遺産分割をすることができたケース/松原市

  状況 相談者(長男)の父親が亡くなりましたが、相談者はずっと父親の自宅に同居しており、 引き続き居住したいと希望していた。 相続人は相談者の他に妹と弟の二人だったが、相続財産はこの自宅土地建物と預貯金がわずかにあるだけだった。 遺産分けの話をしたが、妹も弟も、自宅は結構高く売れるだろうと考えており、
続きを読む >>

遺言が無かったために、仲の悪かった兄弟が相続人となってしまったケース/松原市

状況 夫の母親が無くなった時、夫の兄弟が相続人でしたが、兄弟で揉めに揉めて話し合いができず、家庭裁判所の遺産分割調停でも相当揉めたようですが、2年ほどかかってようやく決着しました。それ以来兄弟の中は決定的に悪くなり、全く交流はありませんでした。 そんな経験をしている夫に対し、相談者であった妻は、それとなく遺言を残してほしいと頼んだこともあったのですが、昔気質
続きを読む >>

父親が亡くなり、母親は認知症だったので、成年後見の開始と特別代理人を選任して無事に遺産分割を成立させたケース/松原市

状況 母親は、5年ほど前に脳梗塞で倒れて以降、一度も意識を回復することなく、ずっと入院を続けています。 物事を判断する能力はないとのことで、父親の遺産分割協議をすることも難しい状況のため、今日まで至っておりました。相続財産は預貯金が1000万と自宅の土地建物(評価額1300万)です。   司法書士の提案&お手伝い 遺産分割をするにあたっ
続きを読む >>

何年も音信不通の弟がいるので、遺産分割ができないと相談に来られたケース/松原市

状況 父親が死亡して、母親も3年前に亡くなっていたので、相続人は3人の子供でした。そのうちの長女の方からの相談でした。相続財産は、預貯金は僅かでしたが、自宅の土地・建物です。 10年前くらいに、定職につかずにブラブラしている長男を父親が諌めたことから、長男は家を出て、それ以来音信不通になり、母親の葬儀にも出てきませんでした。   司法書士
続きを読む >>

相続・遺言の無料相談受付中! 無料休日相談会開催中! 0120-233-336 何度でもわかるまで無料でご説明します! 詳細はこちら